本来の自分を知る!ネイチャー理論の世界へようこそ

一人一人の生まれ持った能力特性を知るネイチャー理論のブログです

「ものの見え方」は人によって違います

コミュニケーションの問題、
家庭でも職場でも、どこでも起こります。
コミュニケーション上の問題の発端は、
「認識ギャップ」だと私は考えています。
つまり、人によって、物事の見え方、捉え方が、
それぞれ全く異なっている、ということです。

ネイチャー理論では、
タイプごとに物事の認識の仕方に違いがある、
ということを客観的に理解することができます。

同じ「現象」を見たときに、
「大変だ!」と思うか、
「別に大したことない」と思うか、
年齢や経験年数による部分もありますが、
ネイチャータイプの違いの影響が
とても大きいと感じます。

「視力の違い」にも似た感覚

例えば、目でものを見る、という場合、
当然ですが、視力の違いで認識は変わってきます。

アフリカのサバンナに暮らす人たちは、
視力が5.0くらいある、と聞いたことがあります。

広大なサバンナで、遠くの動物も見つける、
そういう習慣で、自然と目がよくなったのかもしれません。

そういった人たちが、5km先のキリンを発見して、
「あそこにキリンがいるよね」と言ったとしても、
たぶん、私にはなんのことやら????です。

これと同じようなことは、
日常的に起こっているのですが、
私たちは、つい、ものの見え方はみんな同じ、
という勘違いをしてしまいがち。

人の気持ちをキャッチすることが得意な
「2」を持っている人は、
「〇〇さん、こんな気持ちなんだなあ」
という感覚が普通なので、
相手の感情をキャッチしない人を見ると、
「あの人は冷たい」と評価してしまいます。

直感的に物事の本質をキャッチする「1」の人は、
「理由はわからないけど、絶対こっちだ」
と感じていて、それをそのまま表現します。
すると、他のタイプの人は
「そんなこと言われても、理由がわからないと…」
と思ってしまいます。

場の空気感を読み、
その場に合った行動を重んじる「5」の人は、
どんな場面でも自分の考えを率直に話す人を見ると、
「空気読めないなんて最低だ!」
なんて思うこともあるかもしれません。

相手にはそう見えているんだな、という感覚

ネイチャー理論を学んだ人たちが、
心が穏やかになったり、
コミュニケーションの問題が解消したり、
ということには、
この部分が大きいのだと思います。

同じ出来事に遭遇したとき、
身近な人が自分と全く違う反応をする、
そんなとき、それまでは、
「なんでそんなこと言うのよ!」とか、
「それはおかしいんじゃない?」
といった反応をしていたところが、
あ、この人は〇〇のタイプだから、
そういう風に見えてるんだなあ、
だったら、こういう風に伝えてみればいいかな、
と思えるようになるのです。

人はみんな違うという前提に立つ

そうはいっても、私たちは、
自分が感じているものが唯一の現実で、
それ以外の感じ方も理解の仕方もできません。

これを書いている私ですら、
他のネイチャータイプの人については、
「そういう感じ方をしている」ということを
情報として理解しているだけで、
本当の意味で、その「感覚」はわからないのです。

でも、ネイチャー理論に出会う前と確実に違うのは、
「人はみんな違うものの見方をしている」
ということを、心底腑に落ちてわかっている、
ということなのです。

以前は、同じ組織に属して、
同じ行動様式に則って仕事をしている人は、
全員、同じように物事を理解するはずだ、
と思っていましたし、
家族なんだから、何も言わなくても
分かり合えるのは当たり前だ、
そう思っていました。 

だから、ネイチャー理論を知ったとき、
ものすごく驚きましたし、
同時に、自分が今まで周りの人に感じてきたことの
理由が明確にわかって、
非常に「スッキリ」したのです。 

争いやもめごとは、相互理解の欠如からです。
お互いを理解する、と、よく言いますが、
その本当の意味は、
「人はみんな違う」という前提に立つこと、
私はそんな風に考えているのです。

☆ネイチャー理論について詳しくは
 Webサイトをご覧くださいね!

naturetheory.jimdo.com

「自己承認」がすべてのスタート!

普段、前向きな人とばかり
過ごしているので、
SNS上でたまたま見かけた
不寛容、攻撃的な人たちの話で、
ああ、日本は全体としては、
今そういう危機にあるんだった、
ということを思い出しました。

自分と違うものに対して
攻撃的な態度をとるのには
さまざまな要因がありますが、
一番は、
「自分で自分のことを認められない」
ではないかと思います。

小さい頃から、
親をはじめとした身近な大人から、
きちんと認めてもらえなかった人は、
いつも「怯え」のようなものを
抱えている場合が多いと感じます。

強い「存在承認欲求」が、

相手を攻撃する方向に働いている、

そのように私は考えています。

小さな子が、親の気を引こうとして、

わざとイタズラや意地悪をする、

というのと似ています。

 

しかし、この「存在承認欲求」という
「心のバケツ」は、
時間はかかるかもしれないけど、
今から満たすこともできると思うんです。

あなたは素晴らしい、
あなたは必要な存在だ、

こういうメッセージを
伝え続ける人が1人でもいれば。

そのツールが、
私にとっては、

「ネイチャー理論」です。

 

車や機械と同じように、

人間にも「機能・性能」があります。

正しく使えば、役立つ機能も、

使い方を誤れば凶器にもなる。

人間の「能力」も全く同じなのです。

 

今、自分を認められない人は、

素晴らしい機能・性能を

マイナスに作用する方向にしか

使ってこなかったのかもしれません。

それをプラスに作用する使い方に

変えていくことをすればいい。

「自分を変える」のではなく

「自分の能力の使い方」を変えるのです。

 

この世に生まれてきたときから、

悪意があって攻撃的、

そんな人はいないですよね?

あるいは、

「どうせ私なんて」と言う3歳児など、

いないと思いませんか?

小さなときはみんな純真無垢です。

どこかの時点で、

自己否定や攻撃性などが

身についてしまっただけ。

 

みんなが、自分自身を認め、

丸ごと受け入れるようになれば、

自然に世の中は平和になります。

なぜなら、

自分自身を認め、受け入れる人は、

他者を攻撃する必要性を感じないから。

 

そんな世の中をつくるために、

一緒にネイチャー理論を

広めてくださる方を増やしたい、

そう思っています。

 

ネイチャー理論について詳しくは

こちらをご覧くださいね。

https://naturetheory.jimdo.com/

 

 

自分の強み、活かしてますか?

「あなたの強みはなんですか?」

この質問に、スパッと答えられる人って、

実はそんなに多くないのではないかと思います。

 

「短所ならいくらでも言えるんですけど・・・」

なんて人もいらっしゃいますよね。

 

ネイチャー理論は、自分の強み・弱みを知り、

強みを生かし、弱みをうまくカバーする、

その方法を知るためのツールです。

 

私が、このことを強く意識するようになったのは、

ドラッカー」の存在が大きいと思っています。

ドラッカーは、「経営学の父」とも呼ばれた、

まさに、20世紀の「知の巨人」です。

 

7〜8年前からドラッカーを読むようになった私は、

「強みを活かす」「成果をあげる」「貢献する」

といったキーワードにとても心惹かれました。

そして、「自分の強みって何なんだろう?」

と思うようになりました。

 

ストレングスファインダー、マヤ暦、個性心理学・・・

いろいろなもので、自分で調べたり、診てもらったり、

その中でも、このネイチャー理論での分析が、

私にとっては本当にスッキリと気持ちよく感じました。

 

自分自身のことを知る、ということは、

ただそれだけで終わってしまってはもったいない。

自分をどう使い、自分の人生を使って、何をするのか。

それを見つけるために、ドラッカーの本は、

本当に助けになると感じています。

私にとってはまさに、

「より良い人生のための生き方読本」です。

 

ただ、ドラッカーは、最初は本当に読みづらくて、

多くの人が「もしドラ」から、

「マネジメント〜エッセンシャル版」に進んで、挫折・・・

という道のりを辿ってしまい、

ドラッカーは難しい」

「自分には読むのは無理」

と思ってしまいます。

 

そこでオススメしたいのが「読書会」。

同じ本を数名で集まって一緒に読む。

毎回1章ずつ、それぞれ読んできて、

感じたことや疑問点などをシェアします。

このやり方で1冊がんばって読み終わると、

ドラッカーの用語や考え方に慣れて、

自分でも読めるようになっていきます。

 

ドラッカーの本は、読んで「面白い!」

だけでは意味がありません。

書いてあることを「実践」することが大事!

一つでも、どんな小さなことでもやってみる。

それがいずれ、大きな成果につながっていく。

そう思って、自分でも読み続けていますし、

読書会活動も広げています。

 

そして、今回は、

住む場所を選ばず参加できる、

オンライン読書会を開講することにしました!

全国各地の人たちが1冊の本を介してつながれる、

なんて素敵なんだろう〜・・・

 

詳細は下記をご覧くださいね!

ドラッカー読書会 - 聴心コーチ・首藤 ひろえ

 

「発達障害」を疑う前に

とある番組で、発達障害の子どものいる家庭に密着取材、

というものを放送していました。

 

そこで発達障害の特徴の例として紹介されていたものは、

こんな項目でした。

  • 気持ちの切り替えができない
  • 何かに没頭したら、親がいくら言っても
    止めることができない
  • 友達の輪の中に入ることができず、
    うまく集団遊びができない
  • 注意や指示を聞いてもすぐに忘れてしまう

 

ネイチャー理論では、

1つのことに集中・没頭すると他のことが目や耳に入らない、

気になることはとことんやり切らないと気が済まない、

大事なことをすぐ忘れてしまう、などは、

それぞれのタイプで全部説明がつきます。

それは「正常」と言われている人でも、

大人になった後でも、ある程度は見られる傾向です。

 

では、なぜ、それがここまで極端になって、

「手に負えない」状態を作ってしまうのか。

それは子育てのプロセスが大きく影響しているのではないか、

私はそのように考えています。

 

例えば、思い立ったらすぐやりたい、

興味の対象物以外目に入らない、という性質、

ネイチャータイプ「1」を持つ子の場合、

行動の衝動が抑えられません。

 

あるいは、探究心旺盛で、とことん突き詰めようとする、

ネイチャータイプ「6」を持つ子の場合、

どんな遊びでも、やり尽くして満足するまでやらないと、

フラストレーションがたまります。

 

頭の中の空想やイマジネーションの世界が豊かな

ネイチャータイプ「3」を持つ子の場合は、

他の子と一緒に遊ぶより、

自分の世界に浸っていることがとても心地いいのです。

 

このように、もともと持っている特性は、

大人になるにつれて、社会性が身につくことで、

無意識や衝動的に外に出すことは

徐々に少なくなっていきます。

ただし、それは、

幼い時に目一杯その行動をして欲求が満たされ、

親からしっかりと受け止めてもらえている場合です。

 

幼児期に、こうしたネイチャータイプの特性行動を

無理やりに押さえ込もうとすると、

逆に「私をわかって!」と言わんばかりに、

その行動はさらに大きく、強く現れるようになります。

自分の持っている性質を親に受け止めてほしくて、

より強くアピールするのです。

 

このテレビ番組に出てきた子どもたちは、

そういう状態なのではないか、と感じたのです。

 

先日、ネイチャー理論を子育てに活かす、

というテーマで講座を行いました。

託児を設けなかったので会場には小さい子もたくさん!

観察していると、本当に、幼い頃は、

ネイチャータイプがそのまま行動に表れるなあ、

と感じました。

 

じーっとお絵かきやおもちゃに没頭している子

目についたものは走り寄って触ってみたくて仕方ない子

少しでも思い通りにならないとかんしゃくを起こす子・・・

 

でも、子どもたちのネイチャータイプも把握して、

その解説もしながらの講座だったので、

そんな子どもたちの行動も例として取り上げ、

なぜ、そうなってしまうのかを

話させていただいたので、「あ〜!なるほど〜!」と、

会場は温かな笑いに包まれていました。

 

もちろん、特定の考え方や行動が苦手な子には、

サポートしていくことも大切です。

でも、その前に、

幼児期に、ストレートに現れるネイチャータイプを

ありのままに受け止めて、

思いっきり欲求を満たしてあげてほしいのです。

そうすることで、子どもは成長に伴って、

自分のネイチャータイプを上手にコントロールできる、

という状態に育っていきます。

 

「みんな違って、みんないい」

という考え方と同時に、

その子の特性を知って、いい面を伸ばす、

という考え方が広まってくれたら、と願っています。

 

ネイチャー理論を子育てに活用する考え方については、

お茶会スタイルの気軽な場をつくっています。

ぜひ話を聞いてみたい!というお父さん・お母さん、

気軽にご依頼くださいね。

 

■ネイチャー理論について詳しくは・・・

naturetheory.jimdo.com

 

竹内 涼真くん、超さわやかな不思議ちゃん!

今朝のNHKの「あさイチ」に、

朝ドラで超さわやか慶應ボーイを演じている竹内涼真くんが出てました。

トークを聞いてて、この人面白いわー!というので、

早速生年月日を調べてみました。

それを踏まえながらトークを聞くと、さらに面白い!!

 

共演者がこぞって「動物みたい」と表現

竹内くんのネイチャータイプは437・黄です。

ひとことで言うと、天真爛漫な天然系、

自分のやりたいことになんとな〜くうまく進めるラッキーな人。

 

とても面白かったのは、共演者がみんな、

「犬みたい」とか「シロクマみたい」など、動物っぽいとか、

とても人懐っこい、と言うこと。

4という数字は、本能のまま生きる野生児タイプなので、

まさに、そういう特徴が周囲によく伝わっているようです。

 

4を持っている人は、人との距離感が近くて、

握手やハグしたりするのも抵抗がないですし、

誰からも可愛がられるタイプです。

 

今日のトークの中でも、共演者とじゃれ合う様子や、

今でもおばあちゃんと食事や買い物に一緒に行く話などが出て来て、

これはいかにも4らしい!と感じました。

 

抜群のイマジネーション力と独自の世界観

ドラマの撮影中のメイキング映像で興味深かったのは、

監督に、セリフをこう変えていいか、とか、

動きをこうしていいか、など、自分でアイデアを出していたところ。

3という数字は、芸術性・クリエティビティの要素です。

自分の頭の中で、役どころの持ち味や、そのシーンの出来上がりの状態など、

いろんなことをシミュレーションする力があります。

台本にないようなことでも、自分の想像力で作り上げることができるんですね。

しかも、「人からどう見られるか」なんて観点が皆無なので、

イメージしたものをそのまま表現しているんだなあ、と感じました。

 

ポジティブシンキングに切り替えて大成功!

そんな竹内くんも、この若さで大きな挫折を味わっていました。

5歳から始めたサッカーで、一時はプロを目指していたそうで、

高校生の時はヴェルディのユースに所属していたものの、

一度も試合に出ることはなかったとか。

そのことについて、こんな風に語っていました。

「すごくネガティブだったんです。

やっぱり、プロになる人たちっていうのは、いつもポジティブだし、

ありえないような大きな目標を言えるけど、

自分はとてもネガティブで、そうではなかった」

 

3つ目の7という数字は「引き寄せ力」です。

これは、自分がイメージしたものを全て引き寄せる力。

「自分はこうなる、もうすでにそうなった」と思い込むと、

そういう未来が向こうからひとりでにやってくる、そういう力があるのです。

 

ということは、「自分は芽が出ないのではないだろうか?」

と思った瞬間、全く芽が出ない、という状況がやってきます。

そして、20歳の時、選手生命を絶たれるような大怪我をして、

サッカーを辞めざるを得ない状況になったのだそうです。

まさに、7の一番やってはいけない使い方をしてしまっていたようです。

 

そこで、彼は「芸能界に行ってみようかな」と思います。

自信はあまりなかったけれど、妹に相談したところ、

「行けると思う」と言われて、

「自分でも、行ける、と思うことにした」のだそうです。

 

ここに7の使い方の大きなポイントがあります。

それは「できるかどうかは考えない」です。

竹内くんも「自信はなかったですけど、行ける、と思うことにしたんです」

という表現をしていて、これだー!と思いました。

ここで「行けるかなあ〜?」と思いながらオーディションを受けていたら、

きっと今の彼はなかったでしょうね。

「根拠なんかないけど、そうなるんだよね」

この考え方ができれば、7の人は大きな成功を難なく手にしてしまうのです。

 

ネイチャー理論をお伝えするときによく話すのは、

世の中でうまくいっている人は、3つの数字をすべていい方向に使っている、

ということです。

どの数字の特性にも「良い・悪い」や「優劣」はありません。

どう使うか、これに尽きるんですね。

 

ひとりでも多くの人が、自分の持つネイチャータイプを

プラスの方向に使いこなしてほしいなあ、

そんなことを思った今朝でした。

 

■ネイチャー理論について詳しくは・・・

naturetheory.jimdo.com

ついに29連勝達成!の藤井4段とはどんな人?

中学生プロ棋士藤井聡太さんの連勝記録更新。

ものすごい話題になっていますね。

 

ある方から、藤井4段をネイチャー理論でみるとどんな感じなの?

と質問を受けましたので、調べて見ました。

 

天真爛漫な天才タイプ

ネイチャー理論では、生年月日を元に、1〜9の9種類の数字の中から、

3つの数字と、その人の特徴を最もよく表す、

緑・黄・赤・青の4色の「ベースカラー」を使って、

特徴を説明していきます。

 

藤井さんのネイチャータイプは「483・黄」です。

最初の数字、4は、本能のまま生きる野生児タイプ。

「美味しい!楽しい!気持ちいい!」が原動力で、

これが満たされていると、バイタリティがあって頑張りがききます。

とても素朴で素直、人懐っこい人も多くて、

どことなく、かわいらしい感じも漂います。

 

2つ目の8は、大所高所から物事を俯瞰して見る力があります。

与えられた条件の中でいかにいい解決策を生み出すか、

という思考に長けています。

また、8を持つ人は、物事に動じない人が多く、

その場の状況や相手の出方に合わせて臨機応変な対応も非常に上手いのです。

 

3つ目の3は、クリエイティブな芸術性。

見たこともやったこともないようなことであっても、

頭の中でさまざまに想像し、シミュレーションを重ねて、

まるで何度もやって慣れきっているかのように、

いとも簡単にクリアしてしまいます。

 

こだわりと経験値でさらに飛躍の可能性!

この数字を見ると、おそらく彼はこれからまだまだ才能を伸ばしそうです。

もともと、目的に合わせた合理的な考え方や、

頭の中で高度なシミュレーションができる力がありますが、

実地で「身体で覚える」という要素が加わると、それがさらに強化されていきます。

そして、自分の勝負スタイルに徹底したこだわりを持ったとき、

藤井さんだけの「将棋道」が完成されていく、そんなイメージが見えてきます。

 

ネイチャータイプは活かし方がすべて

どの数字も「良い・悪い」はありません。

世の中で、何かの分野で大きな成功を収める人を見てみると、

必ず、その特徴を良い方向に使っています。

誰からも教わらなくても、自然に上手に使っている人がほとんどですが、

どんな人も、自分のネイチャータイプとその活かし方を知ることで、

無理なく、良い成果を得られます。

 

自分のありのままの姿を知り、受け入れる、

ここが、すべてのスタートラインです。

 

■ネイチャー理論について詳しくは・・・

naturetheory.jimdo.com

生年月日による統計分析はインチキなのか?

久しぶりのブログ更新です。

このネイチャー理論、かなり多くのビジネスフィールドで活用され始めました。

自分自身の強みを知り、周囲のスタッフの強みを知ることで、自分に合った仕事の仕方がわかり、また、チーム運営の仕方が的確にわかる。

これを活用することで、自分の力を今までより以上に発揮できるようになった方もいて、お伝えできてよかった、と思います。

 

ところが・・・

 

中には、こうした統計分析による手法を真っ向から否定される方もいらっしゃいます。

根拠がない、仕事に使うのは不適切、というご指摘です。

 

では、「根拠」とは何なのでしょうか?

おそらくそういう見解を持つ方は、根拠という言葉をのは「原因ー結果」の関係が証明されているもののことと捉えているのではないかと思います。

 

そうなってくると、世の中の事象は、原因と結果の関係性が未だ解明されていないものだらけです。

例えば「引力」の存在を否定する人は誰もいませんが、これもまた、地球上の引力がなぜ発生するのかを明解に説明できてはいないことは有名な話ですよね。

 

統計的手法は、たくさんの事象を集めてきたときに、ある有意な傾向値が現れる、ということで、それを実生活に適用するという意味で、非常に有効です。

あとは、「好み」の問題、といえそうです。

 

人は、初めて触れるものに対しては、大概、懐疑的です。

そして、それを受け入れ、信じるかどうか、ということについては、「自分が納得すれば受け入れる」という人と、自分が今まで経験してきた世界観の中にあるかに左右される人がいます。

 

今より良くなりたい。

何か変化を起こしたい。

成長したい。

 

こうした意欲を持つ人は、非常にオープンで、自分の感覚を信じて、新しいものを受け入れようとします。

 

現状維持が良くて、何も変えたくない。

変化してほしいけれど、自分は変わりたくない。

 

こうした人たちは、自分の感覚を信じることが難しく、新しいもの、未知のものへの拒絶反応が強いのです。

 

ネイチャー理論は、まだ、それほど知られていませんが、知り、活用し始めた人から、どんどん良い変化が起きてきています。

 

生年月日による統計分析は、「占い」のように受け取る人がいて(本来は、占いも、古来から受け継がれた人類の叡智ですが)、インチキ呼ばわりされてしまう場合も少なくありません。

とても残念なことです。

 

私の伝え方も、まだまだ磨いていかなければならないと感じています。

変化を望む人、自覚している人だけに伝えていては、現状維持のつもりで、どんどん衰退していってしまいます。

一人一人の本質的な輝きを信じ、すべての人が能力を発揮できる世の中を目指して、伝え続けていきたいと改めて感じています。