読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本来の自分を知る!ネイチャー理論の世界へようこそ

一人一人の生まれ持った能力特性を知るネイチャー理論のブログです

生年月日による統計分析はインチキなのか?

久しぶりのブログ更新です。

このネイチャー理論、かなり多くのビジネスフィールドで活用され始めました。

自分自身の強みを知り、周囲のスタッフの強みを知ることで、自分に合った仕事の仕方がわかり、また、チーム運営の仕方が的確にわかる。

これを活用することで、自分の力を今までより以上に発揮できるようになった方もいて、お伝えできてよかった、と思います。

 

ところが・・・

 

中には、こうした統計分析による手法を真っ向から否定される方もいらっしゃいます。

根拠がない、仕事に使うのは不適切、というご指摘です。

 

では、「根拠」とは何なのでしょうか?

おそらくそういう見解を持つ方は、根拠という言葉をのは「原因ー結果」の関係が証明されているもののことと捉えているのではないかと思います。

 

そうなってくると、世の中の事象は、原因と結果の関係性が未だ解明されていないものだらけです。

例えば「引力」の存在を否定する人は誰もいませんが、これもまた、地球上の引力がなぜ発生するのかを明解に説明できてはいないことは有名な話ですよね。

 

統計的手法は、たくさんの事象を集めてきたときに、ある有意な傾向値が現れる、ということで、それを実生活に適用するという意味で、非常に有効です。

あとは、「好み」の問題、といえそうです。

 

人は、初めて触れるものに対しては、大概、懐疑的です。

そして、それを受け入れ、信じるかどうか、ということについては、「自分が納得すれば受け入れる」という人と、自分が今まで経験してきた世界観の中にあるかに左右される人がいます。

 

今より良くなりたい。

何か変化を起こしたい。

成長したい。

 

こうした意欲を持つ人は、非常にオープンで、自分の感覚を信じて、新しいものを受け入れようとします。

 

現状維持が良くて、何も変えたくない。

変化してほしいけれど、自分は変わりたくない。

 

こうした人たちは、自分の感覚を信じることが難しく、新しいもの、未知のものへの拒絶反応が強いのです。

 

ネイチャー理論は、まだ、それほど知られていませんが、知り、活用し始めた人から、どんどん良い変化が起きてきています。

 

生年月日による統計分析は、「占い」のように受け取る人がいて(本来は、占いも、古来から受け継がれた人類の叡智ですが)、インチキ呼ばわりされてしまう場合も少なくありません。

とても残念なことです。

 

私の伝え方も、まだまだ磨いていかなければならないと感じています。

変化を望む人、自覚している人だけに伝えていては、現状維持のつもりで、どんどん衰退していってしまいます。

一人一人の本質的な輝きを信じ、すべての人が能力を発揮できる世の中を目指して、伝え続けていきたいと改めて感じています。

三日坊主は本当にダメなのか?

ブログ、毎日書こう!と思ったけど、

なかなか続かないですね・・・。

 

そう、私の特徴は何と言っても・・・

 

三日坊主!

 

ネイチャータイプ「8」の人は、

「熱し易く冷め易い」のです。

好奇心旺盛で新しいものが大好き。

そして、やってみると、

案外スルっと上手にできたりする。

器用なわけです。

 

そして「あ、なるほど、こんなもんか」

という感覚がやってきます。

その時点で「飽き」がきています(笑)。

 

何かを作っていても、

長い期間を要するものは苦手。

編みかけのセーターや、

作りかけの棚や、

書きかけの本の原稿・・・

そんなものが周りに溢れています。

 

以前の私は、こういうものを見て、

自己嫌悪がひどかったのです。

「何をやっても長続きしない」と、

そんな自分が嫌になってしまう。

 

数年前、とある人から、

「三日坊主、別に悪くないよね」と言われました。

 

え?

 

それはこういう話。

3日続いて飽きてやめちゃう。

でも、数日経つとまたやりたくなる。

そしてまた3日やる。

またやめる・・・

 

これを繰り返しているうちに、

本当にやりたいことなら、

やる習慣ができて、

気づいてみると続いている。

 

これでいいんじゃない?という話。

 

なるほど!

確かに、一度凝り出すと、

そのこだわりがどこまでも止まらないのも、

この「8」の特徴です。

繰り返し繰り返しやっているうちに、

何かしらのこだわりが生まれ、

そうなると、もう止めてもやり続けてしまう。

 

そして、振り返ってみると、

何か、一つのものが出来上がっている。

 

8の人にとっては、

こんなスタイルが理想かもしれません。

「続けなきゃ」と思うことが、

8の人にとっては無用なプレッシャーです。

 

続かないことは興味がなかったことで、

本当にやりたかったことではないんだから、

三日坊主で終わってOK。

でも、とりあえずやってみないことには、

それすらわからない。

 

なので、今は「頻繁に」三日坊主をします。

なんかおかしいですね。

でも、これがまた、

自分らしさを活かすコツなのです。

 

こうして、悩みはまた一つ消えました。

自分の本質を知り、活かす、とは、

悩みを自分で消去してしまうこと。

 

1回きりの人生、

悩みに費やす時間はありません。

それなら、「どうやればうまくいくか」を

考えることに時間を使いたいですね。

 

というわけで、

人生何度目?

数え切れないくらいの三日坊主をまた始めます!

 

自分の持ち味を知りたい方は、

こちらをご覧くださいね。

naturetheory.jimdo.com

人を育てる、とは?

人材育成はどのくらい大事なのか?

組織で働く人にとって、

「人材育成」は大きなテーマです。

 

ドラッカーは、企業の成果について、

・直接の成果(売上や利益など)

・価値への取組み(企業理念に関連すること)

・人材育成

この3つが揃っていなければならず、

どれか一つが欠けても、

「組織は腐り、やがて死ぬ」言いました。

なんて怖い表現!

 

でも、人材育成の本質をわかっている企業は、

実はあまりないのではないか?

そんな気がしています。

 

人と仕事

人は、自分が見たものしかできません。

知識として知っている、という程度では、

行動が伴わないものですよね。

 

すると、組織の中でも、

「人を育てる」と言ったとき、

自分がやってきたことをやらせること、

という風に考えてしまう人が多いのです。

 

「人」と「仕事」は、

本来、分けて考える必要があります。

仕事はとても客観的、

人は「心」を伴っているので、

理屈では割り切れない情緒的なものです。

 

高い知識と技術を持っていたとしても、

成果が出ない人がいるのはこのためなのです。

 

言ってみれば、

ハイスペックな高級車を持っているのに、

運転方法がわからず、

恐る恐る、ノロノロ運転しているような感じ。

 

最近、このスペックと運転方法のギャップが

大きい人が増えているような気がします。

 

自分の機能・性能を知る

何からやればいいのか?

それは、まず、

「自分の車の機能・性能を知る」

というところからだと思います。

 

どこをどう押すと何の機能が作動するのか。

どのくらいの強さでアクセルを踏むと、

一番いいエンジンの燃焼効率が得られるのか。

どのくらいハンドルを切ると、

どのくらいの曲がり方をするのか。

 

これを自分でもわからない人がたくさんいます。

自分でわからないことには、

周囲の人がどんなにその人を褒めても、

「そうかなあ?」となってしまって、

さっぱり前に進みません。

 

一番いいのは、

育てる側・育てられる側が一緒になって、

その人の持ち味を客観的に知ることです。

 

企業・組織全体で、

持ち味を生かした働き方を実現する、

そう考えていくと、

人を育てることは、業務と別々なのではなく、

まさに、業務と一体で行うことができる、

そんな風に考えています。

 

それができたら、

どんな会社も「ドリームチーム」になれる、

そう思って作ったのが

「ドリームチーム・コーチング」です。

小さくて強いドリームチームをたくさん作ること!

これが今の私の目標の一つなのです。

www.officehibiki.net

職業の向き・不向きはあるのか?

年明けの仕事始めの後、

連休があったりして、

ようやく本格的な2017年、

という方も多いかもしれません。

 

「5月病」とはまた違うけれど、

年末年始の休み明けというのも、

ちょっと落ち込みやすい傾向はありそうです。

 

私、この仕事向いてないんでしょうか?

非常に頻繁に聞かれる質問です。

血液型や星占いなどで、

「あなたに向いている職業」は

かなりよく見られる項目です。

 

私は、実際のところ、

多少の傾向はあるとしても、

職業の内容そのものについて、

決定的な向き不向きがあるとは思っていません。

 

それより重要なのは、

「本当にやりたいのかどうか」

ではないかと考えているんです。

 

また、さらに言うと、

もともと持っている能力特性によって、

「やりたい」と感じるものも

傾向が最初からある、

ということも言えます。

 

例えば、私なら、

「誰もやってないもの」に興味が向く。

一方、私の息子は、

「みんながやっているもの」が好き、

といった具合です。

 

あるのは「やり方」の向き不向き

私は「この仕事が向いているか?」

という相談に対しては、

「それはやり方によりますね」と答えます。

 

例えば、「食べ物にかかわる仕事」が好き、という場合。

料理人、農業、レストラン経営、

フードコーディネーター、ライター・・・

その関わり方はかなりバリエーションがあります。

 

また、同じ料理人でも、

自分で店を持つのか、

大きな飲食店で働くのか、

一人でやるのか、大勢でやるのか、でも違います。

 

自分に合った関わり方ができれば、

何をやるにも無理がないので、

常に心楽しく仕事に向き合うことができます。

 

どんなに好きな仕事であっても、

やりたくないこともつきまといますし、

人間関係の悩みがゼロになるわけではありません。

でも、基本路線が合っていれば、

問題に直面したときでも、

「工夫して乗り越えるのが当然」

と思えるので、

周囲から見た場合に

「大変そう」と思えたとしても、

本人は全然平気だったりします。

 

できる・できないではなく、やる・やらない

私自身も、以前の悩み方は、

「これで、本当にできるかなあ?」でした。

でも、あるとき、気づきました。

 

「できる・できない」は、

問題の設定の仕方自体が間違ってる!

 

もちろん、私が、今から、

オリンピックの100m走で金メダルを取る!

なんていうことはないでしょう。

でも、それはそもそもやりたいと思わない(笑)。

 

何かをやりたい、と思ったら、

考えるのは「できるかどうか」ではなく、

「やると決めること」だとわかりました。

 

そうなると、次にやるのは、

「なぜやりたいのか」を掘り下げること。

これを徹底的にやると、

最後に出て来るのが「真の目的」です。

これを自分で表現し、眺めると、

実に感動し、やる気がわいてきます。

 

目的が定まったら、

次に「やり方」を考えます。

 

私は、自分の強みとして、

イノベーション志向

・言語表現が得意

・全体を把握する力

というのがあるのを知っています。

一方で、弱みは、

・飽きっぽい

・同じことの繰り返しが苦手

・忘れやすい

・上から目線になりやすい

などなどの特徴を把握しているので、

強みが出る方法、弱みが出にくい方法、

というのを考えて、

自分に合ったアプローチを作ります。

 

世の中の役に立つには、自分らしくやること

人は、誰かに必要とされる、

ということが不可欠な存在です。

どんなに自分が好きなことをしていても、

それが誰からも必要とされなかったら、

生きる希望を失ってしまいます。

 

理想的なのは、

職業というものを通じて、

自分自身が必要とされている実感を得ること。

 

経営学の父、ピーター・ドラッカーも、

自己実現ができるのは仕事を通じてだけだ、

と言いました。

 

どんなに世の中に必要とされる仕事でも、

辛いこと、やりたくないことを

我慢してやっているのでは、

よい成果は期待できません。

 

本当に自分がやりたいことを知り、

やる!と決め、

合ったやり方で取り組む。

 

この3段階のプロセスを守ることで、

時間はかかっても、

ほとんどのことが実現すると思います。

 

そんなことを、

年末年始にずっと相方と話していて、

それ、みんなに伝えた方がいいね、

という話になりました。

 

そして、

「急がば回れ!」の起業塾

という講座ができました。

 

1月31日、帯広での開催です。

2月には札幌でもやろうと思います。

3人集めてもらったら、

北海道内はどこへでも出前します。

道外の場合はご相談くださいね。

www.kokuchpro.com

 

2017年、流れに乗っていきましょう。

流れに乗るとは?

昨年3月、私は生まれ育った札幌を離れ、

北海道十勝の広尾町という町に移住しました。

それを遡ること4年前、

19年間勤めた札幌市役所を退職して、

なんの後ろ盾もないフリーランスの講師・コーチ業を始めました。

 

転職にしても、移住にしても、

周囲の人たちからは、

「ずいぶん思い切ったね!」

「決断するの大変だったんじゃない?」

などなどと言われました。

 

でも、私自身としては、

重大な決断、というわけでもないんです。

流れがきてるな、と思って、乗っかっちゃいました。

そして、結果として、

今は非常に心地よく楽しい毎日になっています。

 

人生の流れは、引き寄せるものでもなく、

無理やり飛び乗るものでもなく、

「目の前に来た」と感じたら、

そこにスッと乗る、それだけです。

 

どうしたら流れに乗れるのか?

というようなこともよく聞かれます。

これは「感じる」しかないように思います。

私の相方がよく言うのは、

「ハンドルから手を離す」と言う表現。

自分の意思で左右にハンドルを切ることをやめる。

すると、自然な流れに乗ることができます。

 

ハンドルから手を離す方法

とは言っても、

私たちは幼少時から「一生懸命頑張る」という、

ある種の強迫観念を植え付けられているので、

自分の意思で左右にハンドルを切らない、

というのがなかなか難しく感じるものですよね。

 

そこで、ハンドルから手を離す、と言うより、

「無駄な力を抜く」と考えてみてはどうでしょう。

スポーツでも、「脱力」はすごく重要ですよね。

投げる動作、打つ動作、走る動作・・・・

どれも、力づくではうまくいきません。

ガッチガチに緊張していると、

瞬発力も出ないですし、

力めば力むほど、思い通りに体が動きません。

 

心も同じだと思います。

まずは「素」の状態になること。

頑張らなくても、自然とできることは何か?

人は誰でも、一つくらいは、

自分では当たり前と思っているのに、

周囲の人から「すごい!」とか、

「そんなことができて羨ましい」

などと言われるものがあるはずです。

 

ところが!

ここが意外な難問。

 

頑張らなくてもできてしまっていること、

というものに対しては、

私たちはほとんど意識が向かないのです。

自分が当たり前にこなしたことに対して、

誰かが「すごいね!」と言ってくれたとしても、

「え?こんなの別にすごくないよ」と言ってしまう。

ここの意識をチェンジすると、

自分が素の状態でどういうパフォーマンスが出るのか、

ということがよくわかるようになってきます。

 

自分のネイチャータイプを知る

私がネイチャー理論を使うのは、

この「素の自分」を常に意識するためです。

ネイチャータイプは、生まれ持った能力特性なので、

無理な力が入らないときに一番現れやすくなります。

 

自分がもともと持っていない能力は、

後から学んで身につけたものなので、

少し、頑張らないとできません。

少しならいいのですが、

「うまくやろう」とすると、どうしても、

力が入りすぎて、動きが悪くなってしまうのです。

 

ネイチャー鑑定でその方の能力特性を解説すると、

ほとんどの場合、

「あ〜!そうです、その通りです!」という反応です。

過去の経験に思い当たるところがあるのですが、

ほとんど無意識に行った行動なので、

言われてみて初めて気づく、ということが多いのです。

 

今、私は、何かに取り組むとき、

自分のもともと持っている能力特性が

一番活きる方法をとるようにしています。

すると、力を入れなくてもいいので、

自分も楽ですし、何より、うまくいきます!

 

また、ちょっとトラブルがあっても、

比較的うまく切り抜けられるのです。

 

例えていうなら、柔道の強い人。

上手に脱力できているので、

相手の不意の攻撃にも上手な受け身で交わすことができたり、

相手の力を活用して、返し技で勝つこともできる。

そんな感じでしょうか。

 

流れに乗るには、脱力。

そのために、素の自分をキープする。

 

2017年、多くの方がそんな風にして、

自分らしい人生を拓いていっていただけるよう、

一人でも多くの方に、

ネイチャー理論を知っていただきたいな、

そう思っています。

 

詳しくは、下記のサイトをご覧くださいね。

naturetheory.jimdo.com

自分のネイチャータイプを知ってるのに・・・反省!

このブログでは、

「自分の能力特性を知って活かしましょう!」と、

毎日書いているんですが、

そんな私も、ときどき、うっかりやらかしてしまうことがあります。

 

ここ数日の反省は「お節介」でした。

私の持っている「7」という数字。

これは、経済や引き寄せの力ですが、

同時に、面倒見が良かったり、

世話焼きが大好き、という性質もあります。

 

そして、もう一つ「8」という数字。

これは、物事を比較的大所高所から眺めて、

あ、今こういう状況だな、と全体を俯瞰して捉えます。

 

とある友人の様子を見ていて、

「これは、方向性が違っとる!」と気づき、

頼まれてもいないのにアドバイスをしてしまいました💦

 

その友人のネイチャータイプは、

一つのことに集中すると周囲が見えなくなる、

思い立ったら吉日で、すぐにやりたい!

しかも、せっかちで、すぐにゴールに到達したい、

こんな特徴があるタイプです。

 

ここでやるべきだったのは、

その人が自分の足元を確認してから進めるよう、

足元の状態に気づいてもらうための「問いかけ」でした。

 

私がアドバイスをしてしまったことで、

足元を見るどころか、

さらに、ゴールへのフォーカスが強まって、

視野を狭めてしまったみたいです・・・。

 

ネイチャータイプを理解していれば、

問題が発生した時にやるべきことがわかります。

考え方の癖や傾向を知り、

陥りやすい問題のパターンを回避する。

 

あー、仕事ではいつもやっていることなのに、

ホント、うっかり、油断してしまいました。

 

でも、これもまた、自分。

自分のネイチャータイプは自分でコントロール、です。

7の引き寄せの力をフルに使って、

自分だけでなく、周囲の人の理想の未来も引き寄せます!

 

一人でも多くの人に、

自分の力をうまく使えるようになってほしい。

そう願っています。

 

ご自身のネイチャータイプを知りたい、

そう思われたら、

ネイチャー理論普及協会のサイトをご覧くださいね。

 

では、7の引き寄せの力がさらに働くよう、

年末の断捨離に着手します!

naturetheory.jimdo.com

人間関係の問題を「性格だから仕方ない」と諦めていませんか?

今日で仕事納め、という会社も多いことと思います。

今年1年、どんな年だったでしょうか?

楽しく仕事はできましたか?

それとも、悩みやストレスの連続だったでしょうか?

 

組織で働いていると、

どうしても人間関係のストレスは避けられません。

ほとんどの場合、

「性格的に合わない」とか、

「相性が悪い」などということで片付けられがちな人間関係問題。

 

ところが、ネイチャー理論を使って観察してみると、

いとも簡単に原因を見つけることができます。

これを説明すると、ほとんどの方が

「なあんだ、そういうことだったのか!」と言われます。

 

ネイチャー理論では、

緑・黄・赤・青の4つの「ベースカラー」を使い、

人間関係の特徴・傾向を説明します。

f:id:nature-theory:20161228095457p:plain

このベースカラーは、

その人の特性のうち、外側に最もよく現れる特徴です。

ですから、人と人とが接する場面で、強い反応として現れます。

 

4つの色は矢印で結ばれていますよね。

情報・思い・モノ・お金・・・・

いろいろなものが、この矢印の向きに流れやすく、

それは「川の上流・下流」のような感じです。

 

例えば「黄色の上司に赤の部下」だったらどうでしょう?

上司の指示やアドバイスは、部下には伝わりやすいです。

一言二言、簡潔に伝えるだけで

「あー、なるほど!わかりました!」となります。

このとき、部下は「自分と上司は通じやすいんだな」と感じます。

 

ところが!

同じような感覚で、部下が上司に何かを報告しようとしたとします。

すると、矢印の逆向きに情報を伝える形になりますね。

上司は「え?何?よくわからないな。もう1回説明してくれる?」

こんな現象が日常茶飯事です。

 

こうなってくると、部下は辛いですよね。

「ちゃんと説明しているのに、どうしてわかってくれないんだろう?」

この、ちょっとしたイライラやがっかり感。

些細なことでも、毎日毎日積み重なると、ダメージは日に日に大きくなります。

 

上司にしてみれば、何の悪気もありません。

ただ、伝わりにくい関係性にいるだけで、

聞く気がないわけでは全くないからです。

人は、話が通じない、と感じる相手には、

徐々に「話したくない」という気持ちになるものです。

 

話したくない→情報量の減少→誤解や判断ミス→関係性の悪化・・・

 

この悪循環に陥っている人間関係は無数にあります。

友達なら、付き合わない、という選択もあるかもしれません。

でも、職場の人間関係で、それはできません。

これが、組織で働く人たちの最も大きなストレス要因なのです。

 

さて、それではどうするか。

 

ネイチャー理論では、分析だけではなく、

具体的な解決方法も知ることができます。

 

この図を見て、ピンと来る人もきっといますよね。

そう!正解は「伝わりやすい人から言ってもらう」です。

組織内にいる「緑」の人や「青」の人が、

黄色の上司への報告担当になればいい、というわけです。

 

理想の組織の状態を聞いたとき、

「風通しの良い組織」をあげる方が多くいらっしゃいます。

私も、それには大賛成!

「風」とは、「情報や思いの流れ」です。

良い流れを作るには、まず、お互いのネイチャータイプを知り、共有すること。

 

いつでも、爽やかな風が吹く組織づくりのために、

ネイチャー理論を知っていただけたらいいな、と願っています。

 

■ネイチャー理論の詳細は・・・

naturetheory.jimdo.com